出典:デジタル大辞泉(小学館)

《上代は「しつまき」》倭文を巻くこと。また、巻いたもの。

「―の呉床 (あごら) に立たし」〈雄略紀・歌謡〉