出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「蜀志」諸葛亮伝・注から》中国の三国時代蜀 (しょく) 諸葛孔明 (しょかつこうめい) 司馬仲達五丈原で対陣中に病死したため、軍をまとめて帰ろうとした蜀軍を仲達はただちに追撃したが、蜀軍は孔明の遺命に基づいて反撃の構えを示したため、仲達は孔明がまだ死んでおらず、何か策略があるのだろうと勘ぐり退却したという故事。生前の威光が死後も残っており、人々を畏怖させるたとえ。