• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

じせつ‐がら【時節柄】 の意味

  1. [名]時節にふさわしいこと。時分柄。
  1. [副]時節が時節なので。時分柄。「―早めにお召し上がり下さい」「―おからだを大切に」
  • じせつ‐がら【時節柄】の例文

    出典:青空文庫

    • されば……干鯛貝らいし、真経には、蛸とくあのく鱈――」 ……時節柄を弁えるがいい。

      泉鏡花「木の子説法」

    • 時節柄当局の神経は尖鋭となっていたので、ついにこの不穏の言動をもって、人心を攪乱するところの沙門を、流罪に処するということになった。

      倉田百三「学生と先哲」

    • ・・・「いや、それは時節柄、省略するだろうと思うけど、いまに薄茶が出るでしょう。

      太宰治「不審庵」