出典:デジタル大辞泉(小学館)

[連語]《望みどおりに出たさいころの目の意から》望んでいたような幸運。幸せな状態。「一人だけ好い目をみる」「好い目にあう」