出典:デジタル大辞泉(小学館)

債務者が自ら進んで債務弁済すれば有効な弁済となるが、債権者からは履行を訴求できない債務。債権について消滅時効が完成し、かつ債務者が裁判上時効の援用をした場合など。