しぜん‐はっか〔‐ハツクワ〕【自然発火】 の意味

  1. 物質が外部からの加熱なしに、酸化や分解などによって発熱し、その熱が蓄積されて自然に発火する現象。