出典:デジタル大辞泉(小学館)

European UnionEC(欧州共同体)を基礎に、外交・安全保障政策の共通化と通貨統合の実現を目的とする統合体。1993年11月、マーストリヒト条約(欧州連合条約)の発効により創設。域内の多くの国では、出入国や税関の審査が廃止されており、人や物が自由に移動できる。また、単一通貨ユーロが導入されている。2012年、欧州国家間の平和と和解に貢献したとしてノーベル平和賞を受賞。本部はベルギーのブリュッセル。域内人口4億8664万(2007)。欧州連合。ヨーロッパ連合。

[補説]EC加盟国であったフランス€・西ドイツ(現ドイツ€)・イタリア€・ベルギー€・オランダ€・ルクセンブルク€・イギリス・アイルランド€・デンマーク・ギリシャ€・スペイン€・ポルトガル€に加え、1995年にオーストリア€・フィンランド€・スウェーデン、2004年にキプロス€・チェコ・エストニア€・ハンガリー・ラトビア€・リトアニア€・マルタ€・ポーランド・スロバキア€・スロベニア€、2007年にブルガリア・ルーマニア、2013年にクロアチアが順次加盟し、現在は28か国(特に、ユーロを導入している国名の末尾に€を付した)。基本条約はアムステルダム条約ニース条約リスボン条約により改正されている。
2016年6月、英国でEU離脱か残留かを問う国民投票が行われ、離脱支持が僅差で過半数を制した。