出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 事の成り行きのようす。物事のありさま。

    1. 「社会の交際百般の―を律するに」〈福沢福翁百話

  1. 密教で、修法灌頂 (かんじょう) など実践的な面のこと。→教相 (きょうそう) 

出典:青空文庫