出典:デジタル大辞泉(小学館)

和歌山県伊都郡九度山町にある高野山真言宗の寺院。山号は万年山。空海(弘法大師)が高野山を開創したとき、参拝の要所にあたるこの地を表玄関として高野山一山の庶務を司る政所 (まんどころ) を置いた。承和元年(834)空海の母が政所を訪れるが、翌年入滅。空海はここに廟堂 (びょうどう) を建立し、弥勒菩薩を安置した。弥勒菩薩は国宝。平成16年(2004)「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として世界遺産(文化遺産)に登録された。