出典:デジタル大辞泉(小学館)

軽率な発言のために、自分の生命を失うことがある。言葉は慎むべきであるという教え。