出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名・形動]

  1. その時代に合わないこと。また、そのさまや、そのような人。時代おくれ。

    1. 「―なりといへる批評なるが」〈逍遥当世書生気質

  1. 年代が合わないこと。時代が違うこと。

    1. 「かかる美女のあるべきものか。都鳥その業平に―にて見せぬ事の口惜し」〈浮・五人女・四〉