出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動マ四]《「した」は心の意》心中でにこにこするくらいうれしく思う。
  • 「まま母はし得たる心地して、むくつけ女も二人―・みにゑみ合へる」〈住吉・上〉