出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 束帯の内着で、半臂 (はんぴ) または袍 (ほう) の下に着用する衣。裾を背後に長く引いて歩く。位階に応じて長短の制があり、鎌倉時代以後、天皇の料のほかは裾を切り離して別裾 (べっきょ) とした。地質・色目・文様は、公卿 (くぎょう) 殿上人 (てんじょうびと) などの身分の違いにより、また、夏と冬によって区別があった。

  1. もと、下着のこと。肌着。〈日葡