出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 建築などで、本格的に組み立てる前の仮組み。

  1. かねてからの準備。また、心構え。

    1. 「さし籠 (こ) めて、守り戦ふべき―をしたりとも、あの国の人を、え戦はぬなり」〈竹取