出典:デジタル大辞泉(小学館)

馬具の名。鞍橋 (くらぼね) の下に敷いて、馬の両脇に当てるもの。ふつう2枚重ねにして用い、上を切付 (きっつけ) 、下を肌付 (はだつけ) という。鞍下 (くらした) 。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉