した‐じち【下質】 の意味

  1. 江戸時代、質屋が質物をさらに他の質屋に質入れすること。
  • 名詞