出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形][文]したたる・し[ク]
  1. 物の言い方が甘えたような調子であるさま。したったるい。

    1. 「女子学生の一部に流行 (はや) る、あの稍々―・いような遊ばせ言葉も」〈広津和郎・風雨強かるべし〉

  1. 舌の回りが悪く、話が聞き取りにくいさま。

    1. 「徹夜 (よどおし) 三人で一斗五升飲んだという翌朝でも、物言いが些 (ち) と―・く聞える許 (ばか) りで」〈啄木・刑余の叔父〉

  1. 物の言い方などがくどくどしているさま。

    1. 「文士どのは―・い愚痴沢山な自惚やら楽屋落やら列べれば」〈魯庵社会百面相