したり‐がお〔‐がほ〕【したり顔】 の意味

  1. [名・形動]うまくやったという顔つき。得意そうなさま。得意顔。「したり顔で話す」
  • 名詞
  • したり‐がお〔‐がほ〕【したり顔】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・』と、したり顔に答えました。

      芥川竜之介「竜」

    • ・・・次女は、したり顔して、あとを引きとる。

      太宰治「愛と美について」

    • ・・・ 世のおとなたちは、織田君の死に就いて、自重が足りなかったとか何とか、したり顔の批判を与えるかも知れないが、そんな恥知らずの事はもう言うな! きのう読んだ辰野氏のセナンクウルの紹介文の中に、次のようなセナンクウルの言葉が録されてあっ・・・

      太宰治「織田君の死」