し‐だん【指弾】 の意味

  1. [名](スル)つまはじきすること。非難して排斥すること。「世間から指弾される」
  • 名詞
  • し‐だん【指弾】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・世の中のひとが、もし、あの人を指弾するなら、おれは、どんなにでもして、あのひとをかばわなければならぬ。

      太宰治「姥捨」

    • ・・・好人物と言われて笑われ、ばかと言われて指弾され、廃人と言われて軽蔑されても、だまってこらえて待っていた。

      太宰治「花燭」

    • ・・・この男を神は、世の嘲笑と指弾と軽蔑と警戒と非難と蹂躙と黙殺の炎の中に投げ込んだ。

      太宰治「答案落第」