出典:デジタル大辞泉(小学館)

仏語。悟りを得るための7種の修行法。真実の教えを選び取る択法 (ちゃくほう) 覚支、一心に努力する精進覚支、真実の教えを実行することを喜ぶ喜覚支、身心を軽やかにする軽安 (きょうあん) 覚支、対象へのとらわれを捨てる捨覚支、心を集中して乱さない定 (じょう) 覚支、思いを平らかにする念覚支。七覚。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教など]カテゴリの言葉