出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「出家」の訓読みから》出家する。

「一度 (ひとたび) ―・で給ひなば、仮にもこの世をかへりみむとは思しおきてず」〈・御法〉