出典:デジタル大辞泉(小学館)

甲 (こう) 乙 (おつ) 丙 (へい) 丁 (てい) 戊 (ぼ) 己 (き) 庚 (こう) 辛 (しん) 壬 (じん) 癸 (き) の総称。これに五行 (ごぎょう) を結びつけ、さらにそれぞれ兄 (え) (陽)と弟 (と) (陰)を配し、甲 (きのえ) ・乙 (きのと) ・丙 (ひのえ) ・丁 (ひのと) ・戊 (つちのえ) ・己 (つちのと) ・庚 (かのえ) ・辛 (かのと) ・壬 (みずのえ) ・癸 (みずのと) とよぶ。ふつう十二支と組み合わせて用い、年や日などを表す。→干支 (えと) 恵方