出典:デジタル大辞泉(小学館)

十干十二支。また、それを組み合わせたもの。中国では代から行われていたといわれ、前漢代以降、年を表すのに用いられるようになったという。干支 (かんし) 。えと。→干支 (えと)