出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 真理を具体的な経験でとらえようとする立場。

  1. デューイが主張する認識論上の立場。感覚的要素は特定の目的の実現を目ざす観念に導かれた積極的行為によってのみとらえられるもので、このような実験的態度がなければ意義をもたないとする説。実験的経験論。→インストルメンタリズム