出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. ゾラの主張した小説の方法論。自然科学者が実験を行うように、一定の遺伝的素質をもった人間がある社会環境のもとでいかに生きるかを客観的に分析して描こうとするもの。日本では、小杉天外永井荷風らの作品にその影響がみられる。

  1. 前衛的な手法を用い、文学の可能性を実験的に追求しようとする小説の総称。