じっこう‐きんり〔ジツカウ‐〕【実効金利】 の意味

  1. 金融機関から借り入れを行う際に歩積み預金両建て預金といった拘束性預金をさせられた場合、借り手が実際に負担する実質的な金利。表面金利に比べ、借入金利よりも預金金利のほうが水準が低いために高くなる。実質金利。