出典:デジタル大辞泉(小学館)

《「あしたどころ」の音変化》大内裏太政官 (だいじょうかん) 正庁の北東隅にあった殿舎の名。参議以上の者が会食をし、また、政務にも用いられた。あいたどころ。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉