出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動サ変]

  1. 深く心にかける。執心 (しゅうしん) する。しゅうす。

    1. 「わが心にも今ほどに―・することなしと大事にしてこの態をすれば」〈花伝・七〉

  1. 大切に扱う。

    1. 「代々の家督に伝へて―・せらるる重宝にて候ひけるを」〈太平記・九〉

  1. 敬意を表す。

    1. 「只今迄の慮外ども、御高免下さるべしと、地に跪 (ひざまづ) き―・すれば」〈浮・禁短気・四〉