• で始まる
  • で一致する
  • で終わる
  • を説明文に含む
  • を見出しに含む

しっ‐た【叱×咤/叱×咜】 の意味

  1. [名](スル)大声を張り上げてしかりつけること。また、しかりつけるようにして励ますこと。「見習いの職人を―する」「―激励」

しっ‐た【叱×咤/叱×咜】の慣用句

  1. しったげきれい【叱咤激励】
    • [名](スル)大きな声で励まし、元気づけること。「監督が選手を―する」
  • しっ‐た【叱×咤/叱×咜】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・突然烈しい叱咤の声は、湧き返っている笑の上へ、鞭を加えるように響き渡った。

      芥川竜之介「将軍」

    • ・・・村長は驚いて誰が叱咤られるのかとそのまま足を停めて聞耳を聳てていると、内から老僕倉蔵がそっと出て来た。

      国木田独歩「富岡先生」

    • ・・・ 神明を叱咤するの権威には、驚嘆せざるを得ぬではないか。

      倉田百三「学生と先哲」