出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名](スル)
  1. 自分よりすぐれている人をうらやみねたむこと。「他人の出世を嫉妬する」

  1. 自分の愛する者の愛情が、他の人に向けられるのを恨み憎むこと。やきもち。悋気 (りんき) 。「夫の浮気相手に嫉妬する」

[補説]作品名別項。→嫉妬
[補説] 
2017年に実施した「あなたの言葉を辞書に載せよう。2017」キャンペーンでの「嫉妬」への投稿から選ばれた優秀作品。

◆人間を動かす大きな原動力。この世は妬み嫉みで出来ている。
harukoさん

◆相手を愛する反動。
りんままさん

◆独占欲を満たせないときに瞬時に生まれる、消しがたい感情。
ぐらんぱさん

◆SNSでの「いいね!」の裏の感情。
さん

◆幼稚で愚か、しかし切り捨てられない想い。
高野さん