じっ‐と の意味

  1. [副](スル)
  1. 動かないで、そのままの状態を保つさま。「家でじっとしている」
  1. 視線や心などを集中して、よく見たり考えたりするさま。つくづく。「相手の顔をじっと見つめる」「じっと考え込む」
  1. 心を抑えてがまんするさま。「非難にじっと耐える」
  1. 力をこめて、押したり引いたり踏んだりするさま。ぎゅっと。
    • 「陳平が高祖の足を―踏んだぞ」〈蒙求抄・四〉
  • じっ‐との例文

    出典:青空文庫

    • ・・・ 恵蓮はいくら叱られても、じっと俯向いたまま黙っていました。

      芥川竜之介「アグニの神」

    • ・・・そして何事もずばずばとは言い切らないで、じっとひとりで胸の中に湛えているような性情にある憐れみさえを感じているのだ。

      有島武郎「親子」

    • ・・・それでじっと我慢する。

      著:アルチバシェッフミハイル・ペトローヴィチ 訳:森鴎外「罪人」