しつ‐れん【失恋】 の意味

  1. [名](スル)恋する思いが相手に通じなかったり、相手に拒絶されたりすること。
  • 名詞
  • しつ‐れん【失恋】の例文

    出典:青空文庫

    • ・・・もっとも恋愛の円満に成就した場合は別問題ですが、万一失恋でもした日には必ず莫迦莫迦しい自己犠牲をするか、さもなければもっと莫迦莫迦しい復讐的精神を発揮しますよ。

      芥川竜之介「或恋愛小説」

    • ・・・しかしどうも失恋した彼に、――たとい失恋したにもせよ、とにかく叔父さんの娘のある彼に羨望を感じてならなかった。

      芥川竜之介「彼」

    • ・・・蟻は破産や失恋の為に自殺をする患はないかも知れぬ。

      芥川竜之介「侏儒の言葉」