して‐や・る【為て遣る】 の意味

  1. [動ラ五(四)]
  1. 思いどおりにうまくやりおおせる。うまくだまして思いどおりにする。「―・ったりとほくそえむ」「まんまと―・られる」
  1. だまし取る。
    • 「適々 (たまたま) 手にふれし銀子を―・り」〈浮・一代男・二〉
  1. 十分に食べる。くらう。食う。
    • 「こはだをむりりむりりとあたまから―・りながら」〈滑・浮世風呂・前〉