出典:デジタル大辞泉(小学館)

奈良・平安時代、国司が行政・財政の実態を朝廷に上申するため、四度の公文 (くもん) を持参して上京させた使者。大帳使・正税使 (しょうぜいし) ・貢調使・朝集使のこと。しどし。よどのつかい。

[日本史/平安時代まで]カテゴリの言葉