出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ワ五(ハ四)]

  1. 弾力があって、折れずに柔らかに曲がる。たわむ。しなる。「本の重さで棚板が―・う」「よく―・うからだ」

  1. 従う。順応する。

    1. 「水に―・うて渡せや渡せ」〈平家・四〉

  1. なよなよとする。

    1. 「うち―・ひ寄りてそ妹はたはれてありける」〈・一七三八〉

[用法]しなう・[用法]たわむ――「撓」の字が共通して当てられるように、「枝がしなう(たわむ)ほど実がなっている」など、ゆるやかに弧を描く意では相通じて用いられる。◇「しなう」は弾力があって復元し易い状態をいい、「よくしなうからだ」「むちをしなわせて脅 (おど) かす」などと用いる。◇「たわむ」は重さや力に耐えられなくて曲がっている状態をいう。「本の重みで床がたわむ」また、「たわむことなく我が道を行く」のように、気力がおとろえるの意で使うことがある。この意は「しなう」にはない。

出典:青空文庫