出典:デジタル大辞泉(小学館)

[形動]《近世語》死なずにすんだのが幸いというほどの、ひどいしうちにあうさま。
  • 「あげくには―な目にあうて、一分 (いちぶん) はすたった」〈浄・曽根崎