出典:デジタル大辞泉(小学館)

[動ラ下一][文]しにおく・る[ラ下二]
  1. 死ぬべき機会を逃して生きている。「―・れて生き恥をさらす」

  1. ほかの人が死んで、自分だけが生き残る。ある人に先に死なれる。「息子に―・れる」