出典:デジタル大辞泉(小学館)

生きていれば、よい目を見ることもあるので、死んだ者がいちばん損であるということ。