出典:デジタル大辞泉(小学館)

[名]ヤマノイモの別名。
[名・形動]自然に生まれ出ること。人の手の加わっていないこと。また、そのさま。
    1. 「―なる渋柿の一口に顔をしかめるおかし味」〈蘆花思出の記