出典:デジタル大辞泉(小学館)

兜 (かぶと) の八幡座 (はちまんざ) から、前後または左右に垂れた筋金。古くは剣形、近世では銀杏形 (いちょうがた) ・蜥蜴頭 (とかげがしら) で、銀または白鑞 (しろめ) などの装飾がある。しなだれ。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉