出典:デジタル大辞泉(小学館)

  1. 小声。また、ひそひそ声。

    1. 「忽ち―にアッと叫びながら」〈二葉亭訳・あひゞき

  1. 忍び泣きの声。「―に泣く」

  1. ホトトギスの、声をひそめるような鳴き声。陰暦4月ごろの初音。

    1. 「時鳥 (ほととぎす) 早もきなきて、―もらす」〈佐佐木信綱・夏は来ぬ〉

出典:青空文庫