出典:デジタル大辞泉(小学館)

《上代は「しのふ」で、ハ行四段活用。平安時代になって、「忍ぶ」(本来は上二段活用)と混同して「しのぶ」となり、上二段にも活用》

[動バ五(四)]
  1. 過ぎ去った物事や遠く離れている人・所などを懐かしい気持ちで思い出す。懐しむ。「故郷を―・ぶ」「先師を―・ぶ」

  1. 心引かれて、思いをめぐらす。慕わしく思う。「人となりが―・ばれる」「人柄を―・ばせる住まい」

  1. 物の美しさに感心し味わう。賞美する。

    1. 「秋山の木の葉を見ては黄葉 (もみち) をば取りてそ―・ふ」〈・一六〉

[動バ上二]1に同じ。
    1. 「なき人を―・ぶる宵のむら雨に」〈・幻〉