出典:デジタル大辞泉(小学館)

涙ぐんで目をしばたたくこと。また、その目つき。

「せきあげせきあげ泣きければ、浄閑も―」〈浄・寿の門松