出典:デジタル大辞泉(小学館)

簿記で、買掛金支払手形などの債務を示す勘定の総称。商品の仕入れやサービスの提供を受けるというような通常の営業取引から発生する。買入債務。⇔受取勘定