出典:デジタル大辞泉(小学館)

歌舞伎十八番の一。荒事 (あらごと) の代表的演目。元禄10年(1697)江戸中村座の「参会名護屋」で初世市川団十郎が初演。毎年の顔見世狂言に使われた趣向で、明治以後に一幕物として独立した。