• 意味
  1. 野村證券金融経済研究所及びラッセル・インベストメント・グループが共同開発した日本株式のインデックスで、店頭市場を含む全上場銘柄の時価総額の98%の銘柄により構成されています。また、当該インデックスのサブインデックスには、割安株と成長株のスタイル・インデックスがあります。 割安株と成長株のスタイル・インデックスは、修正PBR(株価を有価証券の含み損益等により修正した一株当たり自己資本で除したもの。)の高低により、Russell/Nomura日本株インデックスの時価総額を割安株と成長株とに二分するよう分類した上で、それぞれの株価を指数化したものです。 このとき、修正PBRの低位4分の1までの銘柄は純資産価値に比べて株価が割安であるものとして100%割安株、高位4分の1までの銘柄は100%成長株としています。また、残りの中位2分の1の銘柄は、割安株と成長株の両インデックスに含まれることとなり、その比率は、修正PBRの値に応じて決められています。 (→ 株価自己資本倍率(PBR))