2020年11月24日をもって「環境アセスメント用語集」の提供を終了致します。
ご了承の程、何卒宜しくお願い申し上げます。


  1. 環境アセスメントは、事業の内容を柔軟に変更できるような早い段階で行うほど、高い効果が上げられる。また、事業が環境に及ぼす影響は、事業が行われる地域によって異なるので、アセスメントも地域に応じて行う必要がある。この二つの点に対応して、アセスメントの方法を決めるに当たって住民、地方公共団体などの意見を聴く手続を設けている。この際、事業者が作成する図書を環境影響評価方法書という。