• 意味
  1. 自然に親しむことに重点を置いた観光で,多種多様な動植物が生息する天然林や国立公園などで行います。森林を管理する側からは,バッファー・ゾーンに宿泊施設,遊歩道などの施設を設けることにより,厳正な保存地域への立ち入りを防ぎつつ啓発活動を行うとともに,地域の収入増を図ることができます。利用者側からは,通常では親しむことが困難な野生動植物の観察等,その地域の生態系を利用したレクリェーションを行うことができます。