1. 1967年(昭和42年)制定された公害対策基本法では,大気汚染,水質汚濁,土壌汚染,騒音,振動,地盤沈下,悪臭を公害としており,これらを総称して典型7公害といいます。