• 意味
  1. 建設工事として行われる作業のうち,著しい騒音を発生する作業であって,政令で定めるものをいい,びょう打機を使用する作業,さく岩機を使用する作業等5種類の作業です。